大人の趣味が行き交う街

スポーツ、読書、プログラミング 等の趣味について書いてます!

サブフォルダからファイル名検索してリネームするバッチファイル

例えばサブフォルダの中に同一のファイル名が複数あって、

それらを一括でリネームしたい時に使用できるコマンドです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

for /d %%i in (*) do ren %%i\検索ファイル名.txt リネーム後ファイル名.txt

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

このバッチを格納しているフォルダ内にあるサブフォルダから

「検索ファイル名.txt」を検索して、一致しているファイルの名前を

「リネーム後ファイル名.txt」に置換するコマンドです。

 

後はお好みでファイル名の個所を変更すれば使用可能です。

 

for /d %%i in (*) do ren %%i

この部分で同一階層のフォルダを洗い出して変数iに格納し、

 

en %%i

の部分で洗い出したフォルダ群を全て羅列してしている訳ですね。

 

後は羅列したパスに対してren(Rename)処理をかけている、と。

 

すっごい適当な説明で済みません。

 

ここからは愚痴なんですが、最初僕も上記バッチファイルを作るために

「for /d %%i in (*) do ren %%i」をネットで調べていたんですけど、

運悪く無責任なブログに行き当たってしまいました。

 

そのブログで紹介されていた内容はコマンドプロンプトで叩くと

正常に機能するんだけど、そのままバッチファイルにすると

型が間違っています的なエラーが出てしまうんです。

 

動作確認してから世の中に出しましょうよ、本当に・・・(笑)

業務改善は忙しい時にするものでないな、と大反省(-_-;)

 

 

今日は錬金術の話をしようと思います。

 

家庭菜園をを行っている僕ですが、家庭菜園と錬金術の相性は実に良いと思います。

というか料理って行為がそもそも錬金術に相当すると思いますが、

僕が興味あるのは薬草調合的な意味合いでの錬金術ですね(^^♪

(興味を持ったきっかけはSKYRIMでしたね)

 

バチバチと稲妻を帯びた状態で何かを精製する錬金術師も大好きなのですが、

今回のテーマは本来の意味合いでの錬金術ですね。

 

食前にお茶を・・・と思いまして、今回は『ハーブティー』を作ります!

ハーブティーは香りを楽しむための嗜好品ですが、

物によっては様々な薬効があることで知られていますね(^^)

 

今回のテーマは錬金術ですので、もちろん薬効にも期待しています。

 

材料はこちら↓

f:id:T-Orange:20181111184955j:plain

2種類のハーブをベランダから採取してきました。

キューバオレガノと②セージ ですね。

割合はオレガノ:セージ=3:2 くらいでしょうかね?

 

摘んできたこの子たちにお茶を注ぐだけで出来てしまうのですが、

f:id:T-Orange:20181111185449j:plain

その前にハサミでチョキチョキと刻みました。

この辺りで既に香りますね。採取の時から香ってはいたのですが。

 

後はポットに温かいお湯を注いであげます。

熱湯だとハーブたちが煮えてしまうので少し冷ましてあげてから入れましょう。

 

ここからは好みの領域になってしまうと思うのですが、

僕は大体5分くらい待ってみました。

 

完成!!!

f:id:T-Orange:20181111185729j:plain

コップに少し葉っぱが入ってしまいましたね(笑)

お湯に少し黄色みが入っており、ハーブの良い香りが広がります。

 

この時点で嗜好品としては既に完成しているのですが、

一応薬草的な効果を期待しているので、簡単にご説明。

 

①のど風邪予防。軽微な状態ならうがいに使用することで症状の緩和が図れる。

②消化促進作用。お腹の調整作用。

③強壮作用。疲れを感じている時にクイっと一杯!

④お肌の引き締め。抗酸化作用によるアンチエイジング効果。

※妊娠中は避けましょう! ハーブ全体に言えることですが。

 

・・・などが挙げられるようです。

 

見てもらった通り、非常に簡単でしたね。

育てたハーブでお茶をするのはとても幸せな時間ですね~(*^^*)

 

次は何にチャレンジしようかな♪

と、言いながら現在ハーブを使ったトマトスープを作っているのですが(笑)

CHIVAS REGAL(Aged 12 Years)の素人レビュー

おはようございます!

 

昨日、久々に新しいウィスキーを購入したので

素人丸出しのレビューをさせていただきます。

 

ウィスキーの銘柄ごとの説明をするときに「〇〇のような~」という

説明をされますが、正直僕にはあれがよく分からないのです(-_-;)

まるでナッツのような~、西洋ナシのような~・・・え?マジ?

となることもしばしば(笑)

 

潮風のような、スモーキー溢れる、メディシカル、辺りは分かるのですが。

ウィスキー舌が鍛えられていないのかな?ということで素人レビュー。

 

≪昨晩の晩酌風景≫

f:id:T-Orange:20181111101538j:plain

 

①CHIVAS REGAL(12)をストレート

②チェイサーにAsahiのビール、PRIME RICH

ROYCEの生チョコ

高知県の有名なミレービスケット(ブラックペッパー味)

 

それでは①のCHIVAS REGAL(12)を中心に1品ずつ。

 

①CHIVAS REGAL(12)

一口目は少し辛口かな?と思いましたが、後味がすごくウィスキーらしい独特の香りで

「あ、俺今ウィスキー飲んでるなあ」と別の意味で酔えましたね(笑)

世間でも言われている通り非常に飲みやすい、と思います。

 

最近はNAのウィスキーを飲むことが多かったせいもあるかもしれませんが、

味に柔らかみを感じますね。えぐみがあまりない。

飽きづらい、というかいつでも基本に立ち返れるという意味で

常に家にあっても良いのかもしれないですね(^^♪

 

②チェイサーにAsahiのビール、PRIME RICH

昔はチェイサーにアルコールとか"ヤベェ奴"のやることだろ・・・と

思っていましたが、最近はハマっちゃってますね。

 

特別、CHIVAS REGALを盛り上げるようなものではありませんでしたが、

このビールは口当たりの抵抗が少なく非常に飲みやすいのが魅力。

正直、どんなウィスキーのチェイサーとしても使えるんじゃないかと思います。

 

CHIVAS REGAL自体にあまりえぐみが無いですし、

もう少し癖のあるチェイサーを使用しても良いかもしれないですね?

今度はトマトジュースを試してみようかなあ。

(理想のトマトが大好き、リコピンリッチも良いけど!)

 

ROYCEの生チョコ

ウィスキーと言えばチョコですよね(*^^*)

・・・という訳で試してみました。チョコとして美味い!

 

ただ、CHIVAS REGALとも相性はそれほど良くないかも?

チョコとウィスキーがマッチした時の「くぅ~」という爆発的な

香りの高まりは感じられませんでした。

 

個人的な予想ですが、チョコレートとマッチするウィスキーって

スモーキーな物なんですかね?

 

高知県の有名なミレービスケット(ブラックペッパー味)

ミレーのビスケットは有名ですよね。真面目なお菓子ですし。

今回はその派生のブラックペッパー味を試してみました。

 

まあ・・・うん、美味いよね。本当に。でもあまり合わないかも?

ミレーはお菓子として本当に完成されているから、

お酒のつまみとしてはあまり機能しないのかな?

ミレー自体が十分に主役として機能しちゃうというか?

 

≪総評≫

CHIVAS REGAL(12)は飲みやすくて美味い!

・・・けど今のところそれに合うつまみは見つけられていません。

 

癖が全然ないから、そもそもつまみはいらないかもしれないですね?

チェイサーさえも何なら必要なかったかもしれない(-"-)

 

もしかしたら他の癖の強いウィスキーを飲みながら、

その箸休めとして飲むと最高に実力を発揮するのかもしれない。

 

または僕のウィスキー力が向上することで違った世界が見えるかも?

 

分らんこと尽くしですね、本当に・・・まだまだ修行が足りない。

楽しみながら学んでいくとしよう。趣味ですしね(^^)

企業から見た就職活動~面接官の考えていること~

こんばんは。

本日は就職面接について記載しようと思います。
面接官を担当することもあるので、その辺りを重点的に記載するつもりです。
(※個人の感想です。僕はそういう見方をしているよ、という話。)

ただ、若輩者ですので頓珍漢なことを言っていましたら申し訳ありません。

さて、世の中には就活セミナーや就活ハウツー本なるものが沢山排出されています。
僕も御多分に漏れずそういったものを利用していたのですが、
自分が面接官を担当するようになって「あれ?」と思うことが多々あります。

セミナーとかハウツー本の内容ってズレてね?』と今になって思います。
(※個人の感想です。)

言い方を変えれば『そこってそんな重要?他に気にするとこあるよね?』という感じ。


■内容のズレが気になる理由を考えてみた
至極当たり前の話ですが、企業によって欲しい人材、重視する能力は異なりますよね。
だから本来はそれぞれの企業に応じた最適解があるはずです。

しかし、セミナーやハウツー本は全ての企業面接に対応した回答を出す必要があります。
・・・まあそれってつまり、普遍的な内容になるしかないですよね。
前提も前提、大前提の内容を極力濃い内容に見せかけるしかない訳です。

だから礼儀や言葉使い、書体とかの詳細部分をやたら細かく指摘してしまう。
そんなの余程の落第者を振り落とすためくらいにしか見てませんよ。
(※個人の感想です。…が、重要視している人は見たことが無いです。)

結論:就活ハウツーの類にだけ終始するのは良くない。そこから先は自分で考える。


■それでは最適解とは何なのか?
前述していますが、それは企業によって異なります。もっと言うと面接官によっても違う。
だから"推理"をする必要があります。どんな人材が求められているのか?

『え、じゃあ正解なんて分からないじゃん・・・』
と思う人もいるかもしれません。

からしたら『そりゃそうでしょ』としか言えません。

問題に対して明確な正解があるのは大学受験まで!

就職活動時点では"推理"と"実行"が必要で、それに伴う"結果"が返ってくるのです。
(仕事の場合だと、推理と結果の乖離が大きいと理不尽に感じられるのです。)


■じゃあ推理の材料って何があるの?
これはハウツー本にもあるかもしれませんが、業界・企業・職種の研究ですね。
と言っても研究するだけでは駄目。
自分が採用されるためにはどうしたら良い?を考える材料として活用しないといけない。

業界・企業・職種の研究というのは、面接時の会話のネタや、
質疑応答で「私は知っています」アピールをするための材料ではないということですね。

あとは社内の雰囲気、面接官の性格・表情から『求められる人材』を推理できます。
ここは事前に準備できないので頭の素早い回転が必要ですね。
想定できる状況をパターン化していると役に立つかもしれない。
(社内の空気が良くなさそうだったら、"変えてくれる人"を求めているかも。推理は大変。)

推理時に最も役立つのが経験ですね。経験に基づく判断は馬鹿に出来ない。
だから採用・不採用に関わらず推理に基づく実行結果と結果については
分析をしていく必要がありますね。

第1志望企業の面接がある前に経験を積めると良いですね。


■求められる人材を演じるのって卑怯じゃない?
ありのままの自分で勝負するんだ!っていう気持ち、かっこいいと思います。
それで採用されるのが一番いいのかもしれないですね。

という建前はさておき、推理する能力というのは実際の仕事でも非常に重要です。
推察能力が高い人は失敗時のリスクが低いから安定した結果を出しやすいのです。

何が言いたいかと言うと、『面接時だけでなく、採用後も演技は続くんだよ』ということ。
ありのままの自分でやっていこうというスタイルがおこがましい(^^;

十人十色な世界で仕事をやっていく訳ですから、推理に基づいた演技は絶対必要。
それを出来ない人物が"残念な人材"として評価されてしまうんです。

面接っていうのはその能力を見ているんじゃないですかね?
(※個人の感想です。)

~~ここまで全て前置きです~~

ここからが本題。僕が面接の時に考えていることを書いていきます。
本題と言っておきながら、ここからは完全にチラシの裏レベルです。
新米面接官さんや面接初心者さんのお役に立てますと幸いです。

①書類選考
・手書きかワープロで作成したものか
⇒どちらでもあまり気にしませんが、字が汚い人には手書きは避けてほしい。
 ただ、高齢の方にはワープロは論外!なんていう方もいるでしょうね(笑)
⇒手書きの方が人となりが分かる、というつもりは毛頭ありませんが、
 雑に書いたんだなぁ、というのは流石に印象良くないですよね。

・内容
⇒第一印象はここで決めるしかないですからね。僕は減点方式で見てしまいがち。
 なのであまりそつがない内容を書いた方が良いんじゃないでしょうか?
⇒当然写真は見栄えのいいものを使用するべきでしょう。

・学歴、社歴
⇒本人には返ることのできない内容ですのであまり気にしなくて良いかと。
 学歴を見てプラスに働くことは僕は無いですね。
 「おっ、凄いじゃん。でも仕事が出来るかは別問題だからな~。」となります。
⇒社歴は気になりますよね。あまりに在籍期間が短い場合は書かない方が良いのでは?

・資格
⇒その職種に関連する資格をまず真っ先に書くべきでしょう。運転免許も含めて。
 逆に関連性の薄い資格は後の方に置きましょう。
 全く関係のない資格を書かれていると僕は微マイナスします。

・趣味
⇒何でもいいですがドン引きされるようなものはやめましょう(笑)
 オタク趣味も面接官次第ではプラスに働くかもしれないですね。


②初対面時の印象
・顔面偏差値
⇒どうでも良いです。しかし表情は別。やり過ぎない適度な笑顔が吉ですね。
 顔面偏差値が高い人の方が下記項目を演出しやすい、というのはあるでしょう。

・身だしなみ
⇒不快感を与える格好でなければ僕は気にしません。
 営業等の社外の人によく会う仕事の場合、その重要性は増すと思います。
⇒向かい合った人に気に入られる、というのはスキルとして重要ですからね。
 良過ぎる、ということは無いと思いますよ。

・清潔感
⇒身だしなみと被るかもしれませんが、清潔感はかなり重視します。
 一緒に仕事していて気持ちの良さそうな人って採用したくなりますよね。
⇒清潔感が無い人は、よほどの重要スキルを持ってないと厳しいのではないでしょうか。

・挨拶、口調
⇒ハッキリとした口調、明るい口調が好ましいですよね。仕事が出来そうです。
 稀にいますが声がでかすぎる人はその場で注意するくらいにマイナスです。
(こういう人がハウツー本やセミナーの犠牲者なんでしょうね…(笑))
⇒のんびりした声や猫なで声を出す人はマイナスですかね。
 モードを切り替えてほしいなぁ、と思ってしまいます。

・雰囲気
⇒明るい、爽やか、クール、かわいい、堅物、…色々とありますが、
 それぞれに役割がありますから今の職場にどう影響するだろう?と考えますね。
⇒ここは無理に演じる必要は無いと思いますけど、挙動不審だったり
 全く喋れなかったりするとマイナスですね。コミュ取れないとちょっと・・・。

・礼儀作法
⇒気にしようとしている、というのが伝われば十分です。
 ノックの回数とかは本当にどうでもいいです(笑)
⇒あまりにも出来ていない人は、やはり能力の方で挽回できないと辛いですね。


③面接内容
・まず僕が評価の対象している項目
⇒コミュニケーションがとれるか、長く働くことが出来るか、やる気×能力 です。

・自己紹介
⇒内容よりかは話している時のトーンやテンポを見ますね。
 緊張しがちの人はそれをほぐす場として使用しても良いと思います。
⇒稀に名前+αだけ言って終わり、という人がいますけど
 「いやいやちょっと、そこは察しましょうよ(笑)」と苦笑いが出ますね。

・志望動機
⇒整合性を取れていない支離滅裂な内容だとマイナスかも。
 あと、あんまりお花畑な夢を語りだしてもマイナスですね。そういう場ではない。
⇒語り方に『仕事にやる気ありそうだな』と感じるとプラスにしてしまいますね。

・学生時代の経験
⇒ここはコミュニケーション能力を見る場と考えています。
 こちらの質問を理解しているか、適切な答えを返そうとしているか、を見たいです。
 テンプレにこだわり過ぎない、その場での思考力・会話力が大切です。
⇒ボランティア経験がプラスになることは無いです。人間的には尊敬しますが。
 リーダー経験はそこから何を考えて反省したかが語られるとプラスですね。

・前職での経験
⇒どういった能力があるのか、知りたい質問ですね。
 いくらでも嘘をつける内容だと困るので、具体性や真実性を持たせてほしいです。

・職場に求める環境
⇒ここは難しいですが、現在の職場環境に順応できるか、という所を見ますね。
 他の職員にも要望はありますから、全ての要望に応えることは物理的に無理。
⇒どこまで折り合いをつけられそうか、ですね。
 マイナスはありませんが無理そうなら縁が無かったということで、となりますよね。

・PCスキル
⇒出来ないことは仕事をしながら教えるだけの話ですが、
 化石レベルにスキルが無い場合は大減点ですね。

・最後に何か質問はありますか?
⇒別になくても良いですが、1個くらい質問しておいた方が印象に残るかもですね。
 印象狙いならありきたりな内容は避けた方が良いかも。

・・・以上。
長々と書きましたが、書いている内容に意外性はありませんでしたね。
一貫して、最低減の条件はクリアした上で、コミュ力・すぐに辞めないか・仕事力を
測ろうとしています。

■最後の結論
巷で語られているほど"話している内容"に採点基準は及ばない、という話ですね。
あとは自社の環境で実務をするのに耐えられる人物であるかどうか。

あとは新卒か中途か、中途ならその年齢によって、採点の比重は当然変わってきますよね。
新卒の方であれば能力よりかは、第一印象ややる気などの比重が大きいです。

そこを意識すると面接を受ける時の心構えも変わるのではないでしょうか?


~余談~
先ほど採用試験時には推理能力が求められると書きましたが、
面接官にとっても言えることなんですよね(^^;

僅かな材料から人材を推理して、当たるも八卦当たらぬも八卦と言ったところでしょうか。
1ヶ月で何も言わずにバックレるような地雷を引き当てることだってあります(笑)

お互いに頑張って推理しあいましょう!(^^)!

バッチファイルを管理者実行するコマンド

おはようございます!

 

本日はバッチファイルを作成していて学んだことを
備忘録の意味合いも込めて記載します。

作成したバッチファイルを管理者実行したい場合、
大体下記の方法があると思います。

①バッチファイルを右クリックして「管理者として実行」
②ショートカットのプロパティの詳細設定で「管理者として実行」にチェックを入れておく
③バッチファイル内に予めコマンドを記載しておく

・・・まあ、大体は②で解決すると思います。
デスクトップに置いておくにせよ、スタートアップに配置するにせよ、
タスクスケジューラで起動させるにせよ、②で解決しますね。
(上手くいかない場合は、それはそれで別の原因があるのでしょう。)

なので、基本的には②を推奨。オールマイティーです。
今回記載する③の方法は飽くまでも②が使えない時の対応策ですね。

~コマンド開始~

@echo off
cd /d %~dp0
for /f "tokens=3 delims=\ " %%i in ('whoami /groups^|find "Mandatory"') do set LEVEL=%%i
if NOT "%LEVEL%"=="High" (
@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "Start-Process %~f0 -Verb runas"
exit
)

~コマンド終了~

作成したバッチファイルの上に上記のコマンドを入れてあげましょう。
ちなみに僕が作成したバッチファイルの内容を例として挙げておきます。

~例:開始~

@echo off
cd /d %~dp0
for /f "tokens=3 delims=\ " %%i in ('whoami /groups^|find "Mandatory"') do set LEVEL=%%i
if NOT "%LEVEL%"=="High" (
@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "Start-Process %~f0 -Verb runas"
exit
)
if not exist C:\Windows\test.txt xcopy /s /e C:\Windows2 C:\

~例:終了~

最下部のコマンドは無視しておいてください。
一応、ここは内容もテスト用に変更しています。

バッチファイルでCドライブ直下にファイルをコピーするには
管理者権限が必要だったので、今回の対応を行ったという経緯ですね。
(ついでに言うと②の方法を取ることが出来なかったから、ですね。)

一見すると、1回コマンドを入れてしまえば後は何も気にする必要が無い、
という点で最も実用的な方法に思えますが、推奨ではない理由があります。

それはバッチファイル実行時に、通常より時間がかかることです。
上記の処理はただのファイルコピーなのですが、これだけでも5~6秒かかります。
管理者実行するための処理に時間を要する訳ですね(^^;


■ショートカットを使用できない場合を考える
②の方法が取れない、つまりショートカットを使用できない状況って
どんな時なんだろう?というのを考えています。

まあ、自宅PCだったら好きなようにカスタマイズすれば良いんでしょうけど、
例えば職場のPCであったり、顧客のPCであったり、自由に操作できない環境だと
②の方法が取れないことはよくあることだと思います。
(そもそも自作バッチを使っていいかは、その環境次第なので悪しからず)

タスクスケジューラを設定できない、スタートアップに配置できない、
というかそもそも新規端末の構築時に使いたいし1回しか使用予定が無い…

上記のような条件だったら③の方法が良いかもしれませんね。
場合によっては③さえも出来ない、という状況も全然あり得ると思います。

そんな時は一体どうしたら良いんでしょうね…笑?

そこまでの状況になってしまえばシステム管理者に
相談するのが最も近道な気がしますね(^^)<ナゲヤリ!

参考になりましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

チンミと通背拳の進化について

こんばんは。

 

皆さん『鉄拳チンミ』という格闘マンガをご存知でしょうか?

現在月間マガジンで連載中で100巻近く出ている名作です。

 

本当は身近な友人と語り合いたいのですが、100巻近く出ている割には

知名度があまりない漫画なのです・・・(-_-;)

 

今回は主人公チンミの代名詞とも言える必殺技の

通背拳』について語らせていただきます。

 

・『通背拳』とは?

通背拳とはチンミの得意とする必殺技の一つです。

格闘家としては軽量なチンミが体重差の不利を補うために身に着けた、

気功を用いた必殺技です。

 

・なぜ、体重差を覆せる?

通背拳の威力に最も影響するのは強烈な踏み込み動作です。

 

強烈な踏み込みによって自らの体重を倍増させるかのような

エネルギーを生み出し、スムーズなひねりの動作で爆発的なエネルギーを

ぶちかます必殺技です。

 

体重を技に乗せるわけではなく、踏み込みの力が物を言うわけですね。

 

・技の特徴は?

①独特なフォーム

基本的には掌底ですが、突き出す腕と同じ側の足を前に出してドンと放ちます。

右腕と右足、左腕と左足、というように構えるわけですね。

(ボクシングの右ストレート右腕と左足、ですよね)

 

②近距離からでも強烈な一撃を放てる

中国拳法の寸勁のようなイメージですね。

というよりかは・・・フォームの特性上、リーチは短めですね。

 

③壁や扉等の遮断物を透過して、向こう側に衝撃をぶつけられる

壁一枚隔てて立っている相手をぶっ飛ばすことも可能です。

透過させずに、壁そのものを破壊するようにエネルギーをぶつけることも可能。

(どうやって上記の二つの機能を切り替えているのか不明です 笑)

 

・魅力的な"チンミ独自の通背拳"

チンミは通背拳を実戦で幾度となく使うのですが、

話が進むにつれて通背拳の練度がどんどん上がっていきます。

 

というのも、通背拳をただ打つだけではなく、

独自の工夫を織り交ぜて放てるようになっていくのです。

これが本当にこの作品の魅力だと思います(^^)!!

 

例1)体が宙に浮いた状態から通背拳

前述したとおり、通背拳は地面に強く踏み込んで放つ必殺技です。

したがって体が宙に浮いた状態から打てるような技ではありません。

 

しかし腕をつかまれて引き上げられてしまい絶体絶命のチンミは、

不安定な体勢から相手の太ももに思い切り踏み込むことで通背拳を打つのです。

ここは意外性も高く本当に痛快でした!(ちなみに避けられます 笑)

 

例2)ダブル通背拳

基本的には一撃必殺を狙うのが通背拳なのですが、

相手の一撃必殺を相殺するように打ち放ち、さらに相手の力を利用して

体を回転させてもう一発!と放つ通背拳です。

他にもちょっと趣の異なるダブル通背拳もあります(^^♪

 

例3)さっきまでは"なかった"けど今は"ある"通背拳

通背拳の使い手同士の戦いで放った通背拳です。

「え・・・? そんな通背拳ってあり?」と相手に言わしめる程の

機転を利かせた通背拳なのです。

 

上記はあくまでも一例に過ぎないのですが、

鉄拳チンミの魅力はチンミの機転を利かした戦闘だと思っています。

 

必殺技の通背拳は、ただの決め技として機能する訳ではなく、

チンミの創意工夫を経て決定的な一打になるのです!

だから読んでいて楽しい!

 

本当はもっともっと語りたい通背拳

 

技の定義が微妙に変わってるんじゃね?問題や、

習得してからあんまり使っていないんじゃない?問題、

あれ、フォーム違くない?問題も語りたいのですが・・・

 

それはまたいずれ!

 

皆さんもどうか鉄拳チンミを読んでみてください(*^^*)

 

1部、2部、3部があるのですが、どの部も区切りがしっかりしていますので

どこから読んでも面白いですよ。

 

僕の個人的なオススメは2部からです!

(チンミが初めから強いですし、完結もしてます。1部は少々子供向けかも?)

ローズベリー・レッドが開花宣言 withセージ

こんばんは。菜園家です。

 

ローズベリー・レッドがついに花を開かせました(^^♪

 

f:id:T-Orange:20181104194138j:plain

 

商品の謳い文句通り、赤くて綺麗な花ですね~。

見て楽しい、食べておいしいイチゴとのことでしたが、

味のほうも非常に楽しみです!

 

とはいえ、まだ花が咲いただけですので油断できません。

 

これからどういう風に実っていくのか、肥料の適切な投与はどうするのか、

そして実ってきたのならどのくらいの時期に収穫できるのか。

 

おいしく味わうためにはまだまだ壁が沢山ありそうです。

まずは知識ですよね、やはり。

 

知識だけではいい結果は得られないかもしれませんが、

経験に乏しい僕には知識以上に頼りになる武器は今のところありません。

 

話は飛びますが、セージを豚肉の焼き肉に混ぜ込んで食してみました。

実験的な試みではあったのですが、豚肉とセージの相性が良いのは

噂に聞いていた通りですね(*^^*)

 

食欲を増進させるような香りに包まれて幸せな食卓でした。

今度レシピと一緒にアップしようかな♪

 

まだまだ秋を堪能しますよ~!