大人の趣味が行き交う街

スポーツ、読書、プログラミング 等の趣味について書いてます!

経験という点が紡ぎだす快感という線

個々人の性格にもよると思いますが、僕はとっての仕事の快感とは

困難に思えた仕事を簡単に片付けた時のあの感覚だ。

 

難しそうでしょうがない仕事を紐解いていき、せっせと単純化を進める。

途方もないゴールへの道筋を呻きをあげながら思い描いていく。

 

『これとあれが出来ればその条件が満たされるから

 あんなことにも手を出せるようになり、並行して例の件も進めて…』

 

そんな単純化を進める時に役立つのが経験。

 

過去に歩いてきた道がふと思い浮かび、

それらを組み合わせることで新たな道を作り出すこの瞬間。

この瞬間にこそ経験は最大限に活かされ、僕に快感をもたらしてくれる

 

訳が分からなかったはずなのに、いつの間にか自分の知る事柄だけで

構成されている。あの暗闇はいつの間にかクリアに照らされてしまっているのだ。

困難ゲーが楽勝ゲーに見えた時、仕事が愛おしいものにも見えてくる。

 

一度道が見えてしまえば、あとは栄光の味を噛みしめるための物語に過ぎない。

 

・・・であるからこそ、これから訪れるであろう難解なタスクも

きっとやりがいのあるものに感じられるのだろう。

 

経験を積めば積むほど仕事が楽しいものになると信じて、

今日も今日とて、明日には明日の、労働を捧げるとしよう。