大人の趣味が行き交う街

スポーツ、読書、プログラミング 等の趣味について書いてます!

【テニス】試合における安定感を手に入れる

こんにちは!

スポーツの試合で何が面白いかというと、必ずしも実力通りの
結果が出るわけではないという所だと僕は思います。
(結果ありきの実力という考え方もあると思いますが)

ただ誰しも経験のあることだと思いますが、
『普段通りの実力が出せていたら勝てた試合だったのに…!』という時は
本当に悔しくてたまらないですよね(-_-;)

試合の時に自らの力を思う存分発揮するのって難しいことですし、
それでいて勝つためには非常に重要なスキルなんですよね。

普通の人は試合中に調子の良し悪しが上下すると思いますから、
たとえ本来の実力では対戦相手に勝っていたとしても、
相手のリズムにまるで嵌まらなかったら負けてしまうこともあります。

『調子の良い時間を長く保つ』というスキル、
すなわち安定感は勝つために非常に重要な要素なのです。


■試合が始まると緊張してまともに体が動かせなくなる方へ

分かります…気持ちは本当に痛いほど分かります(TωT)
僕もこの時期は本当に長かったですから。

『負けたって死ぬわけじゃない』

そんなことは分かっているのですが、体が言うことを聞いてくれない。

そんな方へのアドバイスは『やれることだけをやってみる』。
まずはこれです。

・相手コートの真ん中にゆるいロブ気味のストロークを返す
・アプローチショットじゃなくても前に詰めてみる
・コートの端から端まで歩いてみる

対戦相手は関係なく、自分の意思だけでやれる簡単なことにトライしてみましょう。
それが自分のプレースタイルじゃなくても良い。

いつものプレーが出来ないというのは実は当たり前のことなんです。
試合が怖いという方にお伝えしたいのは、『貴方が出来ることはある』ということ。

無理はしなくて良い。その試合の中で出来ることだけで戦えば良い。
それでも勝てなかった時は、それを反省して練習すれば良い。

かっこよくなくて良い。いつもの貴方でなくても良い。
やれることだけで戦えば良いんです。
試合の中で"本当に"やれることって案外少ないものです。

それを知ることがあなたの勇気となり、そしてその繰り返しが戦いの幅を広げるのです。


■試合中にガクッと調子を崩してしまう方へ

ゾーンに入った後、僕がまともにショットを打てなくなった時がこの時ですね。
そこまで酷くなくても試合中に調子をいきなり崩すということは全然あり得ることです。

そんな時に思い出してほしいのは『集中し過ぎてるよ』ということ。
自分の調子の悪さに意識を取られ過ぎているんですね。

①思いっきり客観的に自分を見てみるとか、試合に関係ない世界情勢の事を考えてみたり。
②ラケットの面の角度やスイング軌道、打点の高低とか物理的にテニスを考えてみる。
③ポイントを失うことを自覚したうえでボールを全力でぶん殴ってみるとか。

試合の結果や流れ、自分のコンディションからちょっと目を背けてみましょう。
リフレッシュできますし、もしかしたらいつもとは違う角度から解決策が見つかるかも。

最悪なのが試合が終わるまで不調の泥沼に嵌まってしまうこと。
必要なのは今の自分、それと試合の流れにこだわり過ぎないことです。


■試合中に調子を一定に保ちたい方へ

ハッキリ言って永遠のテーマですよね…(笑)
プロだって『それが出来れば苦労しないよ』と言うんじゃないでしょうか。
でも、調子を保つために出来ることはきっとあると思います。

以下は僕が実践していることです。
色々と失敗した上で反省して修正していますが、
そもそも個人差がある内容ですのであくまでも参考までに。

①試合に対して特別な感情を持たない。フラットな気持ちで臨む。(そのために瞑想してる)
②対戦相手を(心の中で)褒める。称える。感謝する。
③自分を勇気づけるフレーズのパターンを持っておく。
④無駄な声出しをしない。「っしゃらぁーっ!!」とか言わない。自分を高め過ぎない。
⑤練習時から試合の時の"あの感覚"を意識しておく。
⑥テニスを楽しむよう意識する

良さげな物があったら試してみて下さい(^^)
②とか結構効果的でしたよ!
僕は"静かに燃える状態"を理想としているので、そのための方法論ですね(^^♪


■最後に
偉そうに色々と語りましたが、最後に言わせていただきたいのは
『知ること』でメンタルはコントロールできるようになるということです。

何となくでプレーをしていると調子の良し悪しに振り回されるしかないですが、
自分がどういった状態にあるか、それを抜け出すために出来ることはあるのか、
を考えて知って実践してみる事でメンタルは磨いていけるのです。

この記事を読んでいただいた方は『メンタルはコントロールできる』と
知った訳ですから、これからのテニスはきっと進化していくはずです!

お互いに頑張りましょう(^^)!