大人の趣味が行き交う街

スポーツ、読書、プログラミング 等の趣味について書いてます!

変えたい、変わりたいと思うなら知るべきこと

こんにちは。

 

変わりたい、変えたいと願う時に一番初めにやるべきことって何だろう?

 

僕がよく唱えているのは『知ること』の大事さ。
『知ること』が全ての始まりと言っても決して大袈裟ではない。


■例えば車を買いたい、と思っている時
貴方が車を買いたいと思っているとしよう。
その時に重要となる情報は、

①何を買いたくて、どんなオプションがあって、お値段はいくらするのか
②自分の貯金がいくらあって、予算はどれだけあるのか
③支払方法はどんな方法があって、どれなら自分が選べて、どれがお得なのか

ざっと挙げてこんなところだろう。
これらの情報を『知ること』で自分の取るべき方法が明確になってくる。

個々の情報が曖昧だと、営業マン等の他人の言いなりになるしかなく、
自分の望み通りのものが手に入らなかったり、無駄に出費したりする羽目になる訳だ。


■自分の夢を叶えたい時
基本的には同じことだ。

①今の自分の実力、どこまでの努力が出来るのか
②夢を叶えるための方法は何があるのか、何を選択できるのか
③どの段階まで来たら夢を諦めて妥協するのかしないのか

『敵を知り己を知れば百戦危うからず』 by 孫子

自分の状況、叶えたい夢への道筋を『知ること』が大事なのだ。

■マイナスな現実を変えたい時
多分これが難しい…。
アルコールやギャンブルの依存症、借金、罪悪感に包まれた気分、...etcetc

①自分の置かれた立場、状況
②どうして現実を変えたいのか
③マイナスから脱却するために何をするべきなのか

結局同じことなんですが、自分を『知ること』から変化は始まるのだ。
ただ、自分の嫌なところを見つめるのは苦しいものだ。
しかも一度知れば「はい終わり」なんてものじゃない。

■状況が変わるたびに『継続して知ろうとする』ことが大事
正にせよ負にせよ、対象が何であれ変化をさせようと考えるのなら、
まずは今の状態を知ることから始めなくてはいけない。

そこから方策を編み出して実行しながらも、
都度都度に現状を把握するように努め続けなければいけない。

ずっとずっとその繰り返しなのだ…。

だから変わること、変えることって難しいのだろう。
でも、裏返せば忍耐力さえあれば誰にだって出来るのかもしれない。
(もちろん色々と工夫をしながらね)

■工夫の例
僕が感心させられたのは『レコーディングダイエット』だ。

簡単に言うと自分の体重等の情報はもちろん、
食べた物や時間帯までも記録していくというダイエット方法だ。

記録をするから自分の状態を把握し続けることになるし、
だからこそ食べる物や運動量にも気を付けようとする。
(食事に関しては自分の記録という監視までありますしね)

これがただただ記録しているだけで、全く何の改善もしようとせずに
几帳面に記録しながらもドカ食いとかしてたら何の意味もありませんけどね。

面倒だけど、日々のレコーディングが自分を知ることと
理想の自分への導きになる『知ること』の継続を利用したダイエット法なのだ。

面倒だから止めてしまう人もいるんでしょうけど、
これって本来は誰にでも出来る方法ですよね(^^)?
(ダイエット法の意味すら理解していない層は論外なので無視します)

■変えたい、変わりたいと思っている方々へ
まずは『知ること』に邁進しましょう。
今の状況を把握することはもちろん、どんな方策を取れるのかを知りに行きましょう。

そしてそれをひたすらずっと継続していく必要がある、ということを知りましょう。
『知ること』はそれだけで十分に財産です。

『知ること』から新しい何かへとスタートを切ることが出来るのです!